1392円 700W未満の電力を供給するACおよびDC電気ドリル用の丸型接続シャンクを備えた鋼製インパクトドリルチャック、スラストベアリング設計ドリルキーレスチャック DIY・工具・ガーデン 電動工具・エア工具 電動工具パーツ・アクセサリ /anguid1166137.html,700W未満の電力を供給するACおよびDC電気ドリル用の丸型接続シャンクを備えた鋼製インパクトドリルチャック、スラストベアリング設計ドリルキーレスチャック,DIY・工具・ガーデン , 電動工具・エア工具 , 電動工具パーツ・アクセサリ,www.donmai.info,1392円 /anguid1166137.html,700W未満の電力を供給するACおよびDC電気ドリル用の丸型接続シャンクを備えた鋼製インパクトドリルチャック、スラストベアリング設計ドリルキーレスチャック,DIY・工具・ガーデン , 電動工具・エア工具 , 電動工具パーツ・アクセサリ,www.donmai.info,1392円 700W未満の電力を供給するACおよびDC電気ドリル用の丸型接続シャンクを備えた鋼製インパクトドリルチャック スラストベアリング設計ドリルキーレスチャック 超人気 700W未満の電力を供給するACおよびDC電気ドリル用の丸型接続シャンクを備えた鋼製インパクトドリルチャック スラストベアリング設計ドリルキーレスチャック 超人気 1392円 700W未満の電力を供給するACおよびDC電気ドリル用の丸型接続シャンクを備えた鋼製インパクトドリルチャック、スラストベアリング設計ドリルキーレスチャック DIY・工具・ガーデン 電動工具・エア工具 電動工具パーツ・アクセサリ

700W未満の電力を供給するACおよびDC電気ドリル用の丸型接続シャンクを備えた鋼製インパクトドリルチャック 新生活 スラストベアリング設計ドリルキーレスチャック 超人気

700W未満の電力を供給するACおよびDC電気ドリル用の丸型接続シャンクを備えた鋼製インパクトドリルチャック、スラストベアリング設計ドリルキーレスチャック

1392円

700W未満の電力を供給するACおよびDC電気ドリル用の丸型接続シャンクを備えた鋼製インパクトドリルチャック、スラストベアリング設計ドリルキーレスチャック

商品の説明

機能:
高品質の鋼でできており、耐摩耗性、長寿命です。
優れたクランプ力、正確で信頼性の高い。
独自のスラストベアリング設計で、クランプが簡単です。
高精度で、運用効率が大幅に向上します。
700W未満の電力を供給するACDC電気ドリルに適しています。

仕様:
材質:スチール
重量:274g / 9.7oz
クランプ範囲:2-13mm(1 / 16- 1/2インチ)
接続寸法:1 / 2-20UNF

パッケージリスト:
1 *丸型接続のドリルチャックシャンク

700W未満の電力を供給するACおよびDC電気ドリル用の丸型接続シャンクを備えた鋼製インパクトドリルチャック、スラストベアリング設計ドリルキーレスチャック

新しい技術

  • AMDとインテル:プロセッサーはウイルスと戦う?

    AMDは最近、Athlon 64プロセッサには現在のシステムでまだ悪用されていない機能があると報告しています。 「実行保護」と呼ばれるこの技術は、Athlon 64プロセッサを搭載したPCを、「バッファオーバーフロー」技術を使って攻撃を仕掛けるウイルス/ワーム攻撃から保護する必要があります。 このテクニックは、昨年、大きな打撃を受けたウイルス/ SoBigとBlasterによって使用されていました。 AMDは、マイクロソフトによってリリースされたパッチの50%近くが、一部のプログラムがPCの特定の「ゾーン」への書き込みアクセスを完全に阻止する「実行保護」テクノロジでは必要とされないと述べている。 Intellaは、次のプロセッサであるPrescott(2月にリリース予定)と同様の保護技術を提供すると述べた。 ただし、これらの保護を利用するには、2004年春夏期に計画されているWindows XP用MicrosoftのServicePack2の到着を待つ必要があります。 これらの技術を統合すれば、自発的に「バッファオーバーフロー」を引き起こすプログラムの円滑な実行が妨げられる可能性があります。

    続きを読みます »
  • AMDとインテル:プロセッサーはウイルスと戦う?

    AMDは最近、Athlon 64プロセッサには現在のシステムでまだ悪用されていない機能があると報告しています。 「実行保護」と呼ばれるこの技術は、Athlon 64プロセッサを搭載したPCを、「バッファオーバーフロー」技術を使って攻撃を仕掛けるウイルス/ワーム攻撃から保護する必要があります。 このテクニックは、昨年、大きな打撃を受けたウイルス/ SoBigとBlasterによって使用されていました。 AMDは、マイクロソフトによってリリースされたパッチの50%近くが、一部のプログラムがPCの特定の「ゾーン」への書き込みアクセスを完全に阻止する「実行保護」テクノロジでは必要とされないと述べている。 Intellaは、次のプロセッサであるPrescott(2月にリリース予定)と同様の保護技術を提供すると述べた。 ただし、これらの保護を利用するには、2004年春夏期に計画されているWindows XP用MicrosoftのServicePack2の到着を待つ必要があります。 これらの技術を統合すれば、自発的に「バッファオーバーフロー」を引き起こすプログラムの円滑な実行が妨げられる可能性があります。

    続きを読みます »